星明かりの日記

色んな感想を書くブログ。練習用

第4回ABEMAトーナメント 予選Aリーグ:第3試合

2021/4/24(土)19:00

ABEMATVで放送。

 

4ABEMAトーナメント

予選Aリーグ:第3試合

チーム三浦(シン・ミレニアム) vs チーム稲葉(加古川観光大使

 

チーム三浦:三浦弘行九段(47)、高野智史五段(27)、本田奎五段(23)

チーム稲葉:稲葉陽八段(32)、久保利明九段(45)、船江恒平六段(33

 

【対局ルール】

5戦先取で最大9対局

・振り駒は一局目の前に行い八局目までは先後交互

・九局目は再度振り駒

1戦ごとにオーダーを決定

1人につき最大3回まで出場可能

 決着までにメンバー全員が最低1回は出場すること

・持ち時間は5分、一手指す毎に5秒が加算される、フィッシャールールを採用

 

【対局結果】

1回戦:●三浦九段 VS 〇久保九段

2回戦:〇高野五段 VS ●船江六段

3回戦:〇本田五段 VS ●稲葉八段

4回戦:○三浦九段 VS ●稲葉八段

5回戦:〇本田五段 VS ●久保九段

6回戦:●高野五段 VS 〇稲葉八段

7回戦:●本田五段 VS 〇久保九段

8回戦:●三浦九段 VS 〇船江六段

9回戦:●高野五段 VS 〇船江六段

 

チーム稲葉(加古川観光大使が勝利!

 

【感想】

 チーム稲葉が1回戦目に久保九段の粘りの将棋で勝利して、良い流れを作ったと思ったのですが、そこかままさかの4連敗。あと1回でも負けたら終わりというギリギリの局面からの4連勝。あの緊張感の中で勝利をもぎ取ったことは本当にすごいです。正直、6回戦目に勝てても、最終局まで行くとは思っていませんでした。あれがチーム力というものでしょうか。

 いや、双方ともチームのためにも負けられないという感じが出ていましたが。特に9回戦目の高野五段の15回連続王手の気迫は画面上からも伝わってきました。両者持ち時間残り10秒で、船江六段が有利の局面。けれど、怒涛の攻めで残り時間も限られる中、1手でもミスをすると飲まれる状況。あの切り込みは見ててゾクゾクというかドキドキというか、「こわいよー。どうなるのー」と思わず声を上げていました。それを防ぎ切った船江六段もさすがでした。あれがプロ…。

 高野五段も「このチームでまだ戦いたかった」というコメントに思わず胸に迫るものもありました。本当にお疲れ様でした。

 それにしても、解説の画面があまり出ていなかったように感じたのは私の気のせいでしょうか…?

 

 予選Aリーグが終了し、チーム藤井が1位通過。チーム稲葉が2位通過となりました。次週から予選Bリーグがスタート。チーム康光、チーム糸谷、チーム菅井が登場です。あのレジェンドチームがまた見れるので楽しみですね。(次週はチーム糸谷とチーム菅井ですが)